スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BIRKENSTOCK / ARIZONA / BROWN LEATHER

BIRKENSTOCK / ARIZONA / BROWN LEATHER

春夏のお供、BIRKENSTOCKのARIZONAです。そこそこビルケンヘッズでもあります。(新しいです。この呼び名)

BIRKENSTOCK

チューリッヒとかに比べて、足の露出面積も比較的多いし、玄関でもスッと履けるし、ビルケンって言ったら、まずはアリゾナですね。

昔、ロンドンで買ったアリゾナ以来、ずっと1足は持ってます。残念ながら、昔は修理に出せることを知らず、ロンドンで買ったブラックレザーのアリゾナは捨ててしまいました。今となってはブラックレザー製のアリゾナは売られていないので、大後悔してます。

レザー好きなんで、どーしてもビルコフローのビルケンは履けないです。だから、ビルケン買う時は、レザー製しか買いません。アリゾナのブラックレザー、もう一回販売してくんないかな~。ビルケン様、お願い致します!!ビルケンファンとして、どうしてもビルコフローのアリゾナは履く気になれないので、ブラックレザー製のアリゾナを販売してください!!

ちょこっと見えてるのは、この夏のお気に入り、BONCOURAのデニムショーツ、オフホワイトです。これとブルーデニムのショーツを交代でほぼ毎日穿いてます。このボンクラのショーツ、穿き心地、粗い素材感、いろんなディテール、自己満足度、結構高いです。

BIRKENSTOCK

レザー製のいいアリゾナが発売されないので、このブラウンはもう5~6年以上履いてます。お陰でイイ味出てますね。

あと、ソール交換、もう少し安かったら助かるんですけどね。


スポンサーサイト

BIRKENSTOCK / ZURICH / SPECIAL EDITION EXQUISITE / HUNTER BROWN

BIRKENSTOCK / ZURICH / SPECIAL EDITION
EXQUISITE / HUNTER BROWN


一つ前のブログ記事でご紹介したビルケンシュトック「チューリッヒ」スペシャルエディション・エクスクイジットモデルの「ハンターブラウン」カラーです。
名称、長いです。

2011年の夏に新宿のビルケン・ショップで買いました。

BIRKENSTOCK

黒と作りは全く一緒です。違うのは色だけです。

BIRKENSTOCK

この濃いブラウンに金色のバックルという組み合わせにやられました。カッコいいですよね。

BIRKENSTOCK

「ハンターブラック」もいいけど「ハンターブラウン」もいいです。

BIRKENSTOCK

BIRKENSTOCK

BIRKENSTOCK

BIRKENSTOCK

BIRKENSTOCK

それにしても、このフットベッドを覆ってる皮ですが、リペアしたらどうなるんですかね?オールソールのしたら普通にコルク剥き出しになっちゃうのかな~。

BIRKENSTOCK

どちらかというと、この「ハンターブラウン」よりも「ハンターブラック」を履くことの方が多いですね。多分、「ハンターブラウン」のこげ茶に金という組み合わせが結構ゴージャスな見え方なんで、シンプルな「ハンターブラック」の方をついつい履いちゃってるんだと思います。

「エクスクイジット」モデル。継続的に発売されているシリーズなのかどうか分かりませんが、このモデルはカッコいいです。吸汗性は普通のビルケンのほうが当然勝りますが、それを補う以上のカッコよさがあります。

大事に履かせていただきます!エクスクイジットさん。

BIRKENSTOCK / ZURICH / SPECIAL EDITION EXQUISITE / HUNTER BLACK

BIRKENSTOCK / ZURICH / SPECIAL EDITION
EXQUISITE / HUNTER BLACK


ビルケンシュトック「ZURICH(チューリッヒ)」の2011 SPRING & SUMMER スペシャルエディションの「EXCUISITE・エクスイジット(=非常に美しい)」モデルです。色は「ハンターブラック」。
新宿のビルケンシュトック・ショップで買いました。

BIRKENSTOCK

「EXCUISITE・エクスイジット(=非常に美しい)」モデルだけあって、たしかにカッコいいです。

BIRKENSTOCK

オールブラックで仕上げられていて、高級感とちょっと「ロック」な感じもありますかね。

BIRKENSTOCK

夏の時期は基本毎日ビルケン履いてまして、コイツもそのローテーションに入ってるので、ちょっとクタってます。

BIRKENSTOCK

アッパーは、天然皮革「ソフトスムースレザー」です。

BIRKENSTOCK

そこそこ厚みがある革ですが、柔らかいです。

BIRKENSTOCK

バックルだけシルバーで、黒いレザーとの組み合わせがシックでお洒落です。

BIRKENSTOCK

フットベッドもレザーで覆われています。

BIRKENSTOCK

サイドのコルク部分もレザーが張られてます。

BIRKENSTOCK

BIRKENSTOCK

こんな感じでアッパー、ソール、フットベッドまで全部真っ黒。

BIRKENSTOCK

この「チューリッヒ」というモデルは、甲を覆い足を隠す範囲が広いのでダラしなく見えないのと、歩く時に安定感があります。ただ、この範囲が広さから「アリゾナ」とかと比べると、夏は足が暑いです。まっ、そんなこと言ったら、ビーチサンダル」が一番ってことになりますけどね。「アリゾナ」に慣れた方が「チューリッヒ」を履くと、夏は暑く感じると思います。

あと、このフットベッドを覆う黒皮のレザーはカッコいいんですが、夏は足汗を吸い取らないんでペタペタします。日本とかアジアの夏は高温多湿だからしょうがないですけどね。

Footprints / PICCADILLY / BROWN

まだ一度も「BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)」の記事書いてないのに、それも自分の持ってないクロッグの話しになっちゃいますが。すみません。自分のビルケンやタタミより、コイツが気になってるんです。

それは、「Footprints(フットプリンツ)」の「PICCADILLY(ピカデリー)」というモデルの「ブラウン」。
ソレがあまりにも素敵な出来なんですよ。

数ヶ月前、そのピカデリー(ブラウン)をビルケン・ショップで目にした時、「もーう靴も服も箪笥いっぱいでムリでしょ!!」って自分に言い聞かせてガマンしたんです。でも、今日、また見ちゃいました。

これは避けられない「出会い」ってやつなんですかね?
すぐそうやって運命的な話しにしたがりますが。

今日の昼、吉祥寺の「ぶぶか」ってラーメン屋で油そば食べて、そんじゃ口直しってことで、同じ並びにある「COMEBUY」ていう、なんてんだろうアレ、冷たい紅茶とかジュース売ってる店でジュース買おうと思ったら、レジ前にいる親子が延々とお悩みのご様子なんで、向いにあるビルケン・ショップについつい行っちゃったんです。

自分でも分かってました。こーなるの。
「あのピカデリーまだあるかな?」「あったら買っちゃいそう」「いやもう箪笥いっぱいじゃん」「もういい加減おんなじよーなクツ要らないっしょ」「あ~、もう一回アイツを見たい」・・・もう「ロード・オブ・ザ・リング」状態ですよ、マジで。自分でも馬鹿だと思います。

てな感じで「この手のは人気だからもう無いっしょ」とか考えながら店に入り、アイツのことを探しら。。。。

ナーイ!!

あったらまた欲しくなっちゃうし、無くてある意味良かった~、なんて考えてる矢先、アイツは最下段に鎮座していました。色違いの「パープル」と一緒に。

ガーン!ですよ、ガーン!!

カッコよかったです。でも、我慢しました。大人なんでね、一応。

我慢したご褒美にそのジュース屋で「愛玉レモンジュース」ってやつを氷無し・砂糖30%で作ってもらい、愛玉ゼリーをちゅるちゅる吸いながら飲みました。

ここのお店、氷の量とか砂糖の量を自分で決めれるんです。砂糖30%って結構な量じゃんって思ったんだけど、あんま甘くなかったです。これ全体の容量の30%が砂糖ってことだったのかな~。じゃあ、普通に甘く感じるオレンジとかアップルとか炭酸ジュースとか、どんだけ砂糖入ってるんですかね?今度、そのジュース屋に行って砂糖の%(パーセンテージ)の意味訊いてきます。

話しが逸れちゃいました。サイズはどうか分かりませんが、フットプリンツの「ブラウン」。まだビルケンシュトックの公式オンラインショップでは売ってますね。

実は、フットプリンツのピカデリー、同じカタチの「ブラック」を持ってるんですが、それもショップで見ていいなって思って、ちょい時間が経ってハッて思い出した時にはもう売って無かったです。そんでネットで探しまくってようやく見つけて買った次第です。「ブラウン」も今買っとかないと無くなっちゃうでしょうね。

ビルケンお好きな方、どうしますかね?僕も欲しいけど、もうちょい考えます。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。