スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BARACUTA / MADE IN ENGLAND

BARACUTAのこの動画もいい感じ。

Baracuta "Made in England"

スポンサーサイト

BARACUTA / G9 PROUDLY MADE IN UK

BARACUTAの旧タイプ、もうどこにも売ってないっすね。



BARACUTA / A Closer Look at Baracuta's "Since 1937″ G9 Harrington Jacket

BARACUTA、こういうビデオ観ると着たくなるけど、日本だと着れる時期があんまないです。
でも、やっぱイイよね~。



今年はBARACUTAを一度も着ることなく冬が到来しちゃいました。

歳とったせいか最近寒くて仕方がないです。調子いいダウンが欲しい・・・

BARACUTA / コットン100%のG9が生産終了してたとは!

こんばんわ。今日は天気がよくて気持ちよかったですね!Tシャツで過ごせるくらい暖かかったです。

今日はイギリスの名品、BARACUTA(バラクータ)についてです。諸々あり、今、バラクータのジャケットが気になってしょうがないんです。

ご存じの方も多いかと思いますが、バラクータの傑作、G4とG9というモデルの表地コットン100%が生産完了となり、もう店舗・オンラインショップ等で見つけることが出来ません。。。

G9の「スリムフィット」ブラックは、確か2~3年前だったかな~、上野の「LITTLE TREASURE」で買って持ってるんですが。最近痩せたんで、小さめのサイズのG9かG4のネイビーかタンが欲しいな~って思いインターネットで探したんですけど、マジで全く見つけることが出来ないんです。

いつだったかイタリアの資本がどーのこーのという噂を店舗かどこかで見聞きし、もしかしてイングランド製が着れなくなっちゃうの?って心配になり、インターネットで探した時はまだ見つけることが出来たんですけどね。。。あの時買っとけば良かったかな~。

2013年の春からバラクータは、イタリアの「WPラポ」社によって展開されてます。この「WPラボ」社はアメリカの「WOOLRICH」、イギリスの「BARBOUR」も手掛けてる会社で、この「WPラボ」社がプロデュースするG4・G9は、コットン50%/ポリエステル50%の綿ポリ混紡で、さらには裏地にはクールマックスが採用され、首元のボタンも大きくして閉めすくなってるという改造ぶりです。

2013年モデルのG4・G9は、確かに野暮ったさがなくなり、なんだかスマートでカッコいいんですが、僕は表地コットン100%の野暮ったさが残るG4.G9の方が好きです。

G9も「クラシック(オリジナル)フィット」「スリムフィット」「ヴィンテージフィット」と3種類のカタチがあったかと思いますが、今となっては、オークションや古着で見つけるしか手がないです。

下の写真は僕が持ってるバラクータG9のスリムフィットのラベルです。

BARACUTA

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。