スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BARBOUR / クリーニング

LAVAREXに、クリーニング&リプルーフ出していたBEDALE (NAVY) と BEAUFORT (NAVY) が戻ってきました。こちらはタグが取れてますが、BEAUFORTです。

だいぶ着こまれた古着をさらに着ていたので、すごい白っちゃけていました。リプルーフでもっと濃い色が復活するかと思ったら、そうでも無かったです。でも、そこはLAVAREXさんからも、元の色味には戻らない旨、クリーニング&リプルーフ前にきちんとお伝え頂いてたので分かってはいました。

BARBOUR

クリーニングしたことで古いワックスの匂いはほぼ無くなりました。昔のバブアのワックスの匂いは好きですが、これは古着なのでワックス以外にも色んな匂いが染みついていたから、これですっきりしました。リプルーフは現行の匂いの少ないワックスが使われています。

BARBOUR

このチェック柄、好きです。クリーニングしたことでライニングに染みついていた酸化したような古いワックスの匂いもほぼ無くなっています。

BARBOUR

BARBOUR

DSC06724.jpg

ライニングはコーティングがボロボロ剥けてきていて、擦ってほぼ剥がしきってはいたのですが、この機会にいっそのことと思い、新品のライニングに交換してもらいました。すごいいい感じです。

BARBOUR

BARBOUR

ちょっとお値段がかかりますが、知人から譲り受けたり、古着屋さんで購入したヴィンテージのバブアをLAVAREXさんでキレイにしてもれってから着るのはアリですね。リプルーフも自分でやると失敗しそうですしね。

もう何年か着続けて袖口や裾が擦り切れてきたら、革でレザーパイピングしてみようかと思います。

スポンサーサイト

BARBOUR / BORDER / BEAMS / NAVY

BARBOUR / BORDER SL / BEAMS / NAVY

イエース!!今日から冬休みですっ!!1月4日まで休みなんで超ロングです。とりあえず映画観まくります!!あと、雑誌買いまくって読むのもいいですね!漫画借りるのもいいな~。休みが長いと色々できて最高です。1ヵ月くらい休めたらもっといろいろ出来るんですけどね。そういう会社になんないかな~。

こちら、BARBOURのBEAMS別注のBORDER、ネイビー、SL(スリム)です。

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

BARBOURはこのBORDERのほかに、BEDALE、BEAUFORT、INTERNATIONALを持ってますが、BORDERが一番暖かいです。この時期、特に今年は寒いので、下に薄手のダウンジャケットなど着こんでもバブアーのジャケットは基本、寒いですが、このBORDERは腰ががっつり隠れるせいか暖かいです。やっぱ腰を冷やさないというのはおっきいんでしょうね。

つい先日までBEDALEやBEAUFORT、INTERNATIONAL JACKETを着てましたが、もう寒くて我慢がならないので、これからはBORDERオンリーでいきます。

寒がりの方にはBORDERをおススメします。ちょいロングなのでこの丈が気に入らない人はダメですけどね。個人的には自分が持ってるバブアーの中で一番好きかもしれないです。あとなんとなくの気分ですが、一番ダラっとした気分で着れるというか・・・丈が長いから色々隠せるせいですかね。BORDER着てサングラスかけちゃえば、顔も洗わず歯も磨かずだらしないまま外出できちゃいます。

今年の冬休みは、ちょこちょこ穿いては浮気しているリーバイスヴィンテージクロージングの1966モデルかAPCのNEW STANDARDのどちらかを毎日穿いて、そんでニューバランスに、このBORDER着て散歩と旨いめしや巡りをしたいと思います。

とりあえず、今日、明日はクリスマスで人の出も多すぎるので、家でビデオ観まくります。昨晩、TSUTAYAで20本くらいDVD借りたから完璧です!バーガーキングとDVDってのもいいですねっ。家のちかくにバーガーキングないからマックになっちゃうか~・・・・カラダにはあんまよくないんでしょうけど、マックのビッグマック+ポテト+ナゲット+コーラ+DVDっていうのも完璧な組み合わせです。マック、味は同じでカラダに最高にいいのとか作ってくれないっすかね。

BARBOUR / INTERNATIONAL JACKET / 着こなし

最近PINTERESTでいろんな写真を収集してますが、そのうちの一枚。

BARBOUR INTERNATIONAL JACKETをカッコよく着こなしてます。

BARBOUR
Photographs by Tommy Ton

結構ピタピタで着てますね。やっぱ外国の人は似あいますね~、インターナショナルジャケットが。日本人はどうも似合いません。なんでだろう?金ボタンが日本人には派手なのかな~。そんなこと気にしないで着ればいっか。

BARBOURはホント大好きなんですが、着れる時期があんまりないのが難点です。春にちょこっとと秋にちょこっと、そんな感じです。今日なんて薄手のダウンベスト着て、その上に薄手のダウンジャケット着て、さらにその上にインターナショナル着てましたが、電車通勤でも駅で電車待ちしている時と、駅から家までがもう寒すぎてダメでした。

今年はとくに寒い気がします。例年こんなでしたっけ?自分が歳とって血行悪いだけなのかな~。

BARBOURは最近ホント流行ってますね。アディダスとかノートン&サンズとのコラボとか。更にWHITE MOUNTAINEERINGとのコラボも始まります。

ノートン&サンズはこれでコラボ終わりなのかな~。となると寂しいな~。1枚、ジャケットでも持っておいた方がいいのかな?渋谷のお店でみて惹かれてます。でもTOKITOの方が最近イイの出してきてるからな~。WHITE MOUNTAINEERINGもシンプルで派手じゃないの出してくれたら惹かれちゃうな~。

BARBOUR / TOKITO BEACON HERITAGE SPORTS JACKET / BOND LIFESTYLE

BOND LIFESTYLE - THE REAL THING

このウェブやばいな~。ボンドが着てた服とか、いろいろ紹介してます。

それで、一番、刺さったのは、Barbour X To Ki To Beacon Heritage Sports Jacket

コレです。ボンドが着てるジャケット。

BARBOUR
IMAGE FROM BOND LIFESTYLE

ボンドと同じの着たいな~。でも、もう売ってないけどね・・・

TOKITOもいいけど、BARBOURのNORTON & SONSもいいよね~。

ホント洋服屋さんも色々と考えて魅力的なモノ出してきます。すぐに食いついちゃうからな~。

とりあえず今月はもうお坊さんみたいにストイックな生活しなきゃ。もう年末だしね。もう洋服箪笥パンパンだし。結果、靴も洋服も取りだせない状態だから、いつも着てるのほぼ一緒だし。

仕事が落ち着くとすぐに洋服病が出てきてしまいます。インターネットがんがん見ちゃうからだよな~。「FASHION VICTIM」ってイギリス住んでた時も、一緒に住んでたイギリス人に言われたの思いだしました。

忙しくしてないとダメ人間になるタイプだと思います。

BARBOUR / クリーニング

BARBOURのBEDALE (NAVY) と BEAUFORT (NAVY) をLAVAREXに出しました。

引用 LAVAREX HPより
http://lavarex.co.jp/barbour_maintenance.html

ドライクリーニングにて、オイルドジャケットに染み込んだ、汚れた古いオイルを全て取り除き、その後新たに新しい防水オイルを塗り入れます。 (水洗いではないので、水溶性の汚れに対しては完全には除去できません。)バブアー本社での研修を受け、7年以上のリプルーフの経験のある職人が、1点ずつ丁寧に仕上げて参ります。


とのこと。

あの油くさいBARBOURがどんな風になって戻ってくるのか、すごく楽しみです!

汚い状態で写真撮るの忘れました・・・でも、キレイになって戻ってきたら写真撮ってアップします。

BARBOUR / クリーニング出そうかな?

BARBOURのBEDALE NAVYとBEAUFORT NAVYの年季が入ったのを持ってるんですが、クリーニング出そうかな?

BARBOUR

あまりにも古い油の匂いが強く、インナーもベトベトだったんで、洗濯機で水洗いして乾燥機で50分ガツンと乾かしたんでですけが・・・ダメです。匂いはだいぶ取れたんですが、どうもまだ気になります。

お湯と洗剤を使ってオイルを抜いてしまえば油臭さも取れるんでしょうけどね。

でもこれ以上あれこれ自分でやるのは危険なんで、クリーニング&リプルーフやっている(株)ラヴァレックスにお願いしてみようかな。12,000円(税別)~みたいです。ちょっとお高いけどね~。生き返らすには仕方がないか~。

Barbour / BAKER BOY CAP / BLACK

Barbour / BAKER BOY CAP / BLACK

BARBOUR(バブア)のBAKER BOY CAP(ベイカーボーイキャップ)、ブラックです。

坊主頭なんで真冬は帽子が必要です。

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

以前ご紹介したハンチングキャップほどワックスは強くないです。ほとんどワックスは感じないくらいです。

このカタチがすごく気に入ったのと、ワックスコットンの帽子は雨の時にホント便利なんで、もう一個色違いでセージ、ネイビーとかラストとかいいな~って思ったのですが、店舗でもインターネットでも見つけることが出来ませんでした。もう生産完了ですかね?

Barbour / WARM PILE LINING

Barbour / WARM PILE LINING

バブアの「ウォームパイルライニング」.
先日「ORIGINAL BEDALE(オリジナルビデイル)」に付けた状態で紹介しましたが、今日はディテールを紹介します。

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

ビデイルの内側にあるボタンに取り付けることが出来ます。

BARBOUR

ボタンはそんなに固くないんで簡単に取り付けることが出来ますが、その分、すぐ外れます。

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

BARBOUR

黒いラベルには生産国が書かれてないです。

BARBOUR

と思ったらその下についてるタグに「インドネシア製」とそれも日本語であります。ちょっとショックですね。ジャケットだけでもイギリスで作り続けて欲しいですね。

BARBOUR

NAMEとあるので、今度マジックで名前書きますかね。

BARBOUR

BARBOUR

悲しいかな、会社の同僚に「どかジャン」と呼ばれているビデイルですが、このライニングを付けると更にその「どかジャン」度が高まってます。。。

そういえば、こちらのライニング、バブアの「インターナショナルジャケット」にも付けれるかと思って試したら、付きませんでした。

Barbour / WARM PILE LINING

Barbour / WARM PILE LINING

今日は空が真っ青で気持ちいいですね!元気にいきましょう!

Barbour(バブア)の「WARM PILE LINING(ウォームパイルライニング)」を「ORIGINAL BEDALE(オリジナル・ビデイル)」に取り付けました。

昨晩、このライニングをビデイルにつけた状態でバイクに乗って帰宅しましたが、なんとかギリギリ寒さしのげるかなって感じでした。ライニングは胴回りだけなんでバイクで風切ると腕が寒いんです。

BARBOUR

このライニング、ジャケットと共にバブアで揃えるという点ではいいのですが、バイク乗るならこれじゃなくてノースフェイスとかから出てる薄手のダウンの方が動きやすくて、軽くて、暖かくていいと思います。

でも「オリジナルビデイル」を持ってる人はコレ付けたくなりますよね。もし欲しい方は購入急いだ方がいいかもしれません。もう「オリジナルビデイル」自体が確か廃番となってるし、「オリジナルビデイル」用のタータンチェック柄が揃ってるフードも売ってないですからね。

またこのライニングについては、後日、詳細アップしますね。

Barbour / BEDALE ORIGINAL / MADE IN ENGLAND

Barbour / BEDALE ORIGINAL / MADE IN ENGLAND

最近寒くなってきました。秋を通り越して冬?って思う位寒いですけど。BARBOUR(バブアー)の季節がようやく到来という感じですね。昨日の夜なんかはダウンでもいいくらい寒かったですけどね。

今日、紹介するのは、もともと乗馬用として作られたジャケット、BEDALE(ビデイル)です。
数年前、A&Fで購入しました。

BARBOUR

ビデイルは、比較的ショート丈なんで、シャツやセーターの上から着るには動きやすくてバッチリのジャケットです。こちらは「ORIGINAL BEDALE(オリジナル・ビデイル)」と呼ばれているモノで、現行のビデイルとちょっとディテールが違います。

BARBOUR

表地はコットン100%。ソーンプルーフドレッシングという独自のワックスを塗布して仕上げられています。
そこまでハードに着ていないので、まだワックスは抜けてないです。

BARBOUR

ハンドウォーマポケット。

BARBOUR

ハンドウォーマーポケット内側。このポケット、名前の通り確かに手を温めるためのポケットなんでしょうけど、結構上の方についてるんで、たまにその存在を忘れちゃったりします。僕は手を入れるより、タバコとかサングラスとか入れちゃってます。

BARBOUR

フラップポケット。フラップには「Barbour」の刺繍はついてません。

BARBOUR

ポケット内側もタータンチェックになってます。

BARBOUR

コーデュロイを使った襟が渋いです。この深い茶色いいですね。

BARBOUR

スロートフラップです。気休めくらいかと思いますが、大雨や寒い時にはこのスロートフラップを留めてしのぐことが出来ます。最近痩せて、ようやくボタンが留まるようになりました。

BARBOUR

ボタン表。

BARBOUR

ボタン裏のリベット。リベットがゴールドというとこも「現行」と違います。

BARBOUR

金色のジップとプルがカッコいいです。

BARBOUR

袖口には風の侵入を防ぐためのリブニットが付いた「ストームカフ」が採用されてます。

BARBOUR

めくりあげると、こんな感じになってます。

BARBOUR

サイドベンツ。スナップボタンで開閉できます。バイクに乗る時はボタン開けて着てます。

BARBOUR

脇の下にはベンチレーション穴が付いてます。

BARBOUR

裏地はコットン100%。伝統的な「Dress gordon(ドレスゴードン)」のタータンチェックが使われてます。この裏地のタータン柄も現行のビデイルと違います。

BARBOUR

ジャケット裏地の下部はタータンじゃなくてこんな感じのセージ色のナイロン?素材が使われてます。

BARBOUR

ジャケット内側にはベルクロで閉めれる胸ポケットがついてます。使ったことないです。

BARBOUR

胸ポケットの上に使用における注意点が書かれてます。

BARBOUR

背ラベルには「ロイヤルワラント」が3つついてます。

BARBOUR

BARBOUR

ピンバッチも購入した時についてきましたが、どこいっちゃたかな~。

防寒性はあんまりないので、真冬に着るには暖かいセーターとか着こまないとちょっと厳しいと思います。この10月~11月の寒くなる前の時期にはぴったりのジャケットだと思います。この季節はバイク乗るときも着ています。昨日はまだ11月中旬なのに寒すぎて、バブアの専用ウォーム パイル ライニング取り付けて着ました。

ちょっと日が出てきたりして暖かくなったときとか、冬、暖房と人の発する熱で暑くなった満員電車の中は、蒸して最悪です。まあ、暖房効きすぎの電車の中は何着てても暑いですけどね。

僕は傘をさしたり持ち歩くのが嫌いなほうなんで、雨の日には重宝しています。ビデイルと以前ブログにも書いたワックス・ハンチングキャップで傘要らずです。

これがビデイルと合わせたりしてるワックス・ハンティングキャップのセージ色です。
BARBOUR_WAXCAP_SAGE

こちらのビデイルは数年前に買ったモノなので、あの独特なワックスの匂いはしません。ホントうすーくワックスの匂いがするくらいです。昔のバブアーのワックスの香りが懐かしいですね。デッドストックでいいのがあれば欲しいです。次はビューフォートのネイビーとか欲しいな~。でも、そんな似たようなジャケット何枚もいらないか。。。

昔、イギリスに住んでた頃は、イギリス人ってのは野暮ったいジャケット着てるな~くらいにしか思ってなかったのですが、歳をとると人間変わるもんですね。今は大のお気に入りです。

リペアとかリプルーフといったメンテナンスをちゃんとして、お爺さんになっても着れたらいいですね。

Barbour / International Jacket / MADE IN ENGLAND

Barbour / International Jacket / MADE IN ENGLAND

バブアのライディングジャケット、インターナショナルジャケットです。

BARBOUR

ベルスタッフの「トライアルマスター」や「ロードマスター」と、このバブア「インターナショナルジャケット」で、だいぶ迷いましたが、まずは「インターナショナルジャケット」からかな~?ってことでコイツを選びました。あと、ベルスタッフがイギリス製じゃなくてイタリア製、ってこともバブアを選んだ大きな理由ですかね。

ちょっと痩せちゃったこともあって、ユルユルです。アンダーに薄めのダウンとか着てバイク乗るにはいいんですが、シャツだけだとブカブカです。真冬の超寒い時期に買ったんで、試着したときに、こりゃあ薄すぎてバイク乗れないからって、ノースフェイスの薄いダウン着た上から試着したんですよ。これはサイズ36ですが、もう1サイズ下でもよかったかな~。

このままブカブカで着るのも嫌なんで、洗濯機で洗ってガツンと超熱々の乾燥機にかけて縮めちゃおうかなって考えています。油抜くのもったいない気はするんですが。
ウェブでチェックするとインターナショナルジャケット洗ってる人外といますしね。

BARBOUR

BARBOUR

春秋の涼しい時期に着るにはばっちりのジャケットです。バイクも10月-11月だったらシャツ+インターナショナルジャケットでいけます。でも、最近歳とって寒がりになったのか、真冬は全然ダメです。まあ、電車とか車でちょこっと外出るぶんには問題ないと思いますが。

BARBOUR

BARBOUR

ちょっと金ボタンが派手なんで自分が慣れるまで時間がかかりますが、ガンガン着こんで味だしてきたいと思います。

たぶん洗濯・乾燥すると思うので、またご報告します。

Barbour / International Jacket / MADE IN ENGLAND

Barbour / International Jacket / MADE IN ENGLAND

じゃーん、バブア・インターナショナルジャケットのワッペンです。
なんでワッペンだけなんだって感じですが。今、画像がこれっきゃないんで。ヨリ画のちら見せです。

BARBOUR_INTER_PARTS

洒落たパン屋の前でコソコソと撮りました。一応、画面中に植物を入れてます。

毎日バイク乗って通勤してますが、気候的にこの時期はバブアが丁度いい感じです。ギリギリTシャツ1枚でもいけるし、シャツの上に着ればバッチリです。バイクじゃなくて散歩で着るにはちょい暑くなる時もあるけどね。もう少し寒くなったら完璧です。

最近、台風で大雨ふることも多いですが、バブアならバッチリです。表面はびしょ濡れになりますが、中は濡れません。会社から自宅まで約30分ほど大雨の中バイク乗っても中は濡れません。

ワッペンだけなのもなんなので、金ボタンもどうぞ。
こちらは洒落たガレット屋の中で撮りました。リンゴ酒CIDRE飲んでちょっとだけふわ~ってなりました。

BARBOUR_INTER_PARTS

金ボタン、派手だけどいい感じです。慣れるまでちょい時間掛かりますけどね。

バイカーもそうでない人も、この時期に着るには完璧なジャケットです。こちらはクラシックタイプのインターナショナルジャケットですが、最近は、色んなタイプのインターナショナルジャケットが出てますね。

Barbour / ヴィンテージ・バブアが着たい

こんばんわ。

バブアの80年代に作られたヴィンテージ物を着たいけど、あの頃のバブアはワックスの匂いが強いし、何十年も前のモノなんで傷みも汚れもきついからなぁ~。。。って思っているバブア好き、結構多いと思います。

僕もその一人です。

じゃあ、デッドストックはどうかと、ウェブで探したりもしますが、なかなかいいサイズが出てこなかったり、すでに「SOLD OUT」だったりで、なかなか見つけることが出来ません。

毎日、「バブアー デッドストック 80s」とか検索ワード入れてインターネットばっかやってらんないので、ユーズド/デッドストックのバブアを扱っているお店の方に「入荷したらご連絡下さい」的なことをしないと、買えないんじゃないですかね。

そんなこんなで、色々とウェブ見てたら、素敵なお店を発見しました。こんなお店があったとは!

イエーイ!!その名は、

Lavarex(ラヴァレックス)

マッキントッシュとバブアーの専門クリーニングとメンテナンスをするお店で、バブアーのクリーニングとリプルーフもやってくれるようです。

なるほど。遂に来ましたね。こんなのが。

ということは、バブアの1ワラントや2ワラントのヴィンテージを古着で購入して、Lavarex(ラヴァレックス)でクリーニング&リプルーフをしてもらった後、気持ちよくヴィンテージを着ることが出来るってことですね。

今まで、古着屋でバブアを見て、サイズも、程度も、着た感じもいい、ワラント1個だし、ってことはあるのですが、大抵、ヴィンテージのバブアは、裏地のタータンに油が移ってベトベトになっていたり、ひどい黒ずみが付いていたりと、そーゆうのが嫌で、買ったことがありませんでした。

ラヴァレックスのことを知った僕は、昨日、バブアを扱っている古着屋に行ってきました。

その店には、ビデイルを中心に、ビューフォート、ゲームフェアが売られてました。全部で10着ほどでしょうか。色々みてると、色が抜けて薄く白っちゃけた紺色のビューフォートが目に留まりました。

サイズは36。僕のベストサ~イズ!更に2ワラント、1982年~87年製。色はだいぶ抜けてますが、そこまで汚らしい黒ずみは無し。裏地はちょいボロくなっているところがありますが、表は見ないと気づかない小さな穴が腕にあるくらいです。

試着して鏡に映る自分を見ながら、

「う~ん、いいねぇ、YOU似合ってるよ!」

「今、買っとかないと、この辺のヴィンテージも、気づいたら無くなってるぞ」

「ちょっと、待てよ・・・」

「この前、大変な人生を生き抜いてきたと自分で言う中華料理店のオーナーが『飲む・打つ・買う』は絶対ダメって言ってたしなぁ」

となんだかんだ自問自答しながら、結果、中華料理店のオーナーから言われた言葉が勝ち、購入しませんでした。

ま、お店にお願いして1年位かけて地道に待てば、デッドと出会えるかもしれません。

でも、いつになるか分かりませんが、いつか2ワラントのビューフォート辺りを古着で買って、ラヴァレックスのクリーニング&リプルーフを試したいと思います。そして、超キレイになったヴィンテージ・バブアを着たいと思ってます。

Barbour / Wax Cap / NAVY / 雨の日、傘の代わり

Barbour / Wax Cap / NAVY
傘の代わりに


こんにちわ。東京は予報通り、一日雨でした。

せっかくの雨なんで、バブアのインターナショナルを羽織り、バブアWAX CAP(防水ハンチングキャップ)をかぶって、傘なしで外出してきました。

BARBOUR

以前、ブログで書いた通り、傘を持ち歩くのが嫌いな僕は、傘の代わりに、このハンチングキャップをかぶって雨をしのぐんです。
▼こちらのリンクは以前このブログで書いたBARBOUR / WAX CAP / NAVYの記事です。
http://lurvethething.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

ある程度強い雨が降る中、約30―40分位でしょうか、傘もささずに歩くとこんな感じになります。

BARBOUR_WAXCAP_NAVY雨

ちょっと水が染みてきているのがわかりますでしょうか?

BARBOUR_WAXCAP_NAVY雨

ご覧のとおり、そこそこ大降りの雨の中だと、こんな感じで少しずつ水が染みてきます。ワックスを足せばもっと防水性は高まるとは思いますが、個人的にはコレくらい雨を防いでくれればOKでしょ、って感じです。バブアの防水性なんてこんなもんです。

顔と手はどうしても濡れちゃいますが、バブアのお陰でご機嫌に雨の中を過ごすことが出来ました。

このハンチングキャップ、個人的にはおススメです。

きょうは町中で、バブアを着ている方たちを何人か見かけました。ここ数年日本でも人気が高まってきてますね。

バブアの季節到来です。

Barbour / Barbour People

Barbour / Barbour People

このBARBOUR PEOPLEってウェブ結構面白いです。

たぶん、イギリスがメインだと思いますが、老若男女のいろんなバブアーの着こなしが見れます。面白いおじさんとかおばさんがいます。

これ見てたら、以前購入したインターナショナルのサイズ感失敗したか?って思ってきちゃいました。下に着こめるようゆったり目を買ったんですが、もう少しぴったりでも良かった気がしてます。

洗って、乾燥機かけて縮めるか?

Barbour / Wax Cap

Barbour / WAX CAP

そろそろ秋なんで、バブアーの防水ハンチングキャップを紹介します。まだ全然暑いですけど。

ほんとはバブアーのビデイルにフードを付けたかったのですが、ビデイルの裏地と同じタータン柄のフードがもう生産中止だかなんだかで、どこ探しても売ってなく、代わりにハンチングキャップをBLUEDUN(ブルーダン)で購入しました。

こちらのハンチングキャップ、最初はセージ色を使ってたんですが、結構好きになっちゃって、追ってネイビー色も購入しちゃいました。

Color: Sage

それでは、まずセージ色の方から。
BARBOUR_WAXCAP_SAGE

BARBOUR_WAXCAP_SAGE

BARBOUR_WAXCAP_SAGE

BARBOUR_WAXCAP_SAGE

BARBOUR_WAXCAP_SAGE

BARBOUR_WAXCAP_SAGE

BARBOUR_WAXCAP_SAGE

BARBOUR_WAXCAP_SAGE

Color: Navy
ネイビー色の方はこんな感じです。
BARBOUR_WAXCAP_NAVY

BARBOUR_WAXCAP_NAVY

BARBOUR_WAXCAP_NAVY

BARBOUR_WAXCAP_NAVY

BARBOUR_WAXCAP_NAVY

BARBOUR_WAXCAP_NAVY

キャップ裏地のタータンチェックの色が違います。

BARBOUR_WAXCAP_NAVY

ガーン!こんなとこまで入り込んで来てます、中国製。同じような話しを何度もしてるかもしれませんが、中国製が嫌いというよりも、バブアーのキャップがイギリス国内じゃなくて、海外で作られているということが残念なんです。クオリティも全く問題ないですしね。

コチラのキャップ、春夏にかぶるには暑苦しいですが、秋冬の雨が降りそうな日に鞄に入れておくと重宝します。

通気性があんまり無いので、暖房が効いた暖かいところでずっとかぶってると、ちょい帽子の中が蒸しますね。まあ、でもオイルが染み込ませてある防水キャップなんで、その辺はしょうがないですね。

セージ色の方はバブアーのビデイルに、ネイビーの方は、バブアのインターナショナルジャケットとかBelstaff(ベルスタッフ)のボディーウォーマージャケット(黒)に合わせたりしてます。
まあ、セージもネイビーも落ち着いたな色なんで何にでも合わせられます。

雨降るときしか基本かぶらないので、そんなにまだ使いこまれた感じは出てません。コレからですかね。

お爺さんになるまでかぶったら、だいぶ調子いい感じになると思います。大切に使わせて頂きます。

どっかに置き忘れないようにしないと。すぐ置いてきちゃうんですよ。

バブア、防水ハンチングキャップ。カッコ悪い使い捨て傘さすのが嫌な人、傘を持ち歩くのが面倒な人にはお勧めです。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。