スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

POST O'ALLS / SQUARE W / DAILY CURE

ポストのPOCKET SQUARE、ポケットチーフ/ハンカチです。知人の結婚式に出席するのに、なにかポケットに挿したいなと思って購入しました。

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

ホントはブルックスブラザースとかでシルクや麻の上品なのを買おうと思っていたのですが、あんまりかしこまったモノを買っても滅多に使わないし、ポストのポケットチーフだったら普段使いも出来るかなと思って・・・結婚式にはカジュアルすぎますかね?

スポンサーサイト

POST O'ALLS / ROYAL TRAVELER / NYLON TAFFETTA / KHAKI

ポストオーバーオールズのロイヤルトラベラー(ナイロンタフタ)。

ポストのナイロンタフタは大のお気に入りです。

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

先週は忙しかったな~。これから街に出てブラブラしてきます。

POST O'ALLS / C-POST 7

ポストオーバーオールズのC-POST 7です。

POST O'ALLS

POST O'ALLS

寒い日にバブアの下に着こめればと思い買いました。インナーとしてもアウターとしても重宝してますが・・・若い人はOKかもしれないですが、血行が悪くなってきているオジサンにはこのC-POST7着てバブアだけでは寒すぎます。

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

この色味、最高です。ナイロンタフタとこの色の組み合わせにはやられます、大好きです。

POST O'ALLS

POST O'ALLS / ROYAL TRAVELLER / VINTAGE CALICO

POST O'ALLS / ROYAL TRAVELLER / VINTAGE CALICO
NAVY / MADE IN USA


ポストのロイヤルトラベラー、VINTAGE CALICO(コットン100%)、ネイビー。

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

こういうベストはあんま、ゆったり目で着るのが好きじゃないんで、サイズSを選びました。シャツとかTシャツの上に着る分にはバッチリです。ジージャンとかキルティングジャケットの上に着るにはちょっとピチピチすぎるかな?

前も書いたけど、以前、ポストはサイズMを着てたんだけど、ちょこっと痩せたらサイズSの方が着心地いいです。もう少しシャツとかジャケットの袖丈が短ければサイズMでもいいんだけどね。

POST O'ALLS / 41DV / NYLON TAFFETTA / OLIVE

POST O'ALLS / 41DV / NYLON TAFFETTA / OLIVE

ナイロンタフタ・シリーズ第2段。41DVのナイロンタフタ、オリーブ色です。

POST O'ALLS

ナイロンタフタの特にこのオリーブ色は大好きです。

POST O'ALLS

コレも洗濯してシワを伸ばさないで干してるからクシャクシャです。そういうシワだらけになっていても気にならないジャケットです。

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

ホントに軽くて薄手なんで、何日か出張に行く際には、シャツよりもかさばらない位なんで、何枚かナイロンタフタのジャケットを持っていったりします。僕の出張の良いお供です。

POST O'ALLS / C-POST-R / NYLON TAFFETTA / BLACK

POST O'ALLS / C-POST-R / NYLON TAFFETTA / BLACK

ポストのC-POST-R、ナイロンタフタ 100% NYLONです。

POST O'ALLS

ポストが出すナイロンタフタ製品はどうしても気になっちゃいます。このペラペラ感、オールシーズン着れるところ。着ない時はカバンに入れといても全くかさばらない、腰に巻いてもOK、丸めてクシャクシャになってしわくちゃで着ても気にならない・・・そういったところが気に入ってます。

POST O'ALLS

洗濯して、そのままシワも伸ばさず干してるんで、マジくしゃくしゃです。

POST O'ALLS

POST O'ALLS

ポスト作ってる工場とか行ってみたいな~。

POST O'ALLS / ROYAL TRAVELLER / DONEGAL TWEED / GRAY

POST O'ALLS / ROYAL TRAVELLER / DONEGAL TWEED / GRAY

POST O'ALLSのロイヤルトラベラー。MADE IN USAです。 

POST O'ALLS

ドネガルツイード素材で軽くて着心地がいいです。表地は67% WOOLEN FABRIC 33% POLY ACRYLIC NYLON MIXED
ライニングは100% コットン。

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

最近、ピッタリ目で着たい気分なんで、ポストもサイズSを選んでます。サイズSだとジャストって感じです。サイズMだと着てて楽は楽なんだけど、袖丈が長くて手首周りが余って気になるのと、身頃もゆったりしすぎて着てて逆に着心地が悪かったりします。

POST O'ALLS / HT HAT / DONEGAL TWEED GRAY

POST O'ALLS / HT HAT / DONEGAL TWEED GRAY

ポストオーバーオールズのハンチング。DONEGAL TWEED 100% WOOL、MADE IN U.S.A.です。

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

軽くてかぶり心地最高です。もっと歳とったら渋い感じでかぶれるかな~。

POST O'ALLS / CALICO NECKWEAR / DAILY CURE

POST O'ALLS / CALICO NECKWEAR / DAILY CURE
VINTAGE CALICO RED FLOWER / MADE IN USA


ポストのDAILY CUREとのコラボ・スカーフです。ポストは「ネックウェア」って呼んでます。コットン100%、アメリカ製です。

POST O'ALLS

ポストのキャリコはシャツも1枚持ってますが結構好きです。

POST O'ALLS

サイズは158cm×48cm。一般的なマフラーとかとほぼ同じ位の長さがあるから、色んな巻き方が出来ると思います。
といっても、あんま色んな巻き方知らないけどね。今度、お洒落な巻き方勉強しよかっな。ネットで何度か色々と見てるんだけど、どうも映像や画像と自分が向きが逆だから上手く巻けないんですよね。知能指数多分低いと思います。

POST O'ALLS

このペロッとしたポストのタグ切り取ろうか迷ってます・・・なんかスーツの袖にタグ付けたままのオジサンみたいで、こういうの切り取りたくなっちゃいます。本来どーするべきなんでしょうね。

首元がモコモコするのがあんま好きじゃないんで、こういう薄手のスカーフは重宝します。マフラーに比べたら防寒対策にはならないだろうけど、ちょっとは寒さ対策になるかな?

オバサンが歳をとると派手な色を身に着けるように、僕もオジサンなんでこういうちょい目立つ色の小物を使いたい気分です。でも、この前、小学生の同級生たちと会ったら、意味分かんないけど「新宿2丁目から来たみたいだな!」って言われました。なんでだろうね?まっ、いっか。

100% COTTONってのがいいですね。じゃんじゃん洗えるからね。洗えるっていいですよね!オヤジだから首回りは加齢臭もあるだろうし、ガンガン洗わないと。

POST O'ALLS / THE POST-R / INDIGO VINTAGE CALICO PRINT SHIRT

POST O'ALLS / THE POST-R
INDIGO VINTAGE CALICO PRINT SHIRT / MADE IN USA


超久しぶりにポストオーバーオールズ、アップします。

POST O'ALLS

THE POST-RのVINTAGE CALICO PRINT生地の1ポケットのシャツです。

POST O'ALLS

もうだいぶ着こんで洗いまくってるんで色がいい感じで抜けてきてます。

POST O'ALLS

POST O'ALLS

この厚み、この質感、いいボタンだな~。

POST O'ALLS

POST O'ALLS

POST O'ALLS

サイズMは少しゆったりめですが、その「ゆったり」が気持ち良かったりします。ピッタリしたシャツばかり着てても疲れますよね。

この写真撮りながら思ったけどやっぱポストオーバーオールズいいな~。しょぼいちっこいデジカメで適当に撮ってるだけですが、イイなと思わせるパワーが製品にあると思います。

いつか大淵毅氏の映像をNYで撮れたらいいなぁ~。

POST O'ALLS / CRUZER5-W JACKET / PIMA COTTON POPLIN / DARK KHAKI

POST O'ALLS / CRUZER5-W JACKET
PIMA COTTON POPLIN / DARK KHAKI


ポストオーバーオールズのクルーザージャケットです。
正式名は「CRUZER 5」。「5」とは1作目から改良を重ねて作られた5作目を意味するようです。
吉祥寺にあるライトバルブで購入しました。

オーストラリア出張にいく前に、なんとなくオーストラリアって言ったら「カーキ」かな~なんて思っちゃって。ライトバルブさんなら何かいいのありそう、ということで行ってみたら、これまた色々ありました、カッコいい「カーキ」色のジャンパーが。迷った挙句、コチラのクルーザーを購入。

オーストラリアはメルボルンを中心に色んな所に行ったのですが、ホント暑かったり寒かったりで訳わからない天気だったんで持っていって正解でした。

POST

昔のワークブランド(WOOLRICHとか)のジャケットにみられる変則的というか特徴のあるポケットの配置をモチーフにしてます。最初はなんか変な配置だな~って思いましたが、もう慣れました。。。いや、まだ慣れてないかも?

なんかしわくちゃでスミマセン。でも洗うとこんな感じになるんです。ネットで「CRUZER 5 W」で検索すると「未洗い」の新品が出てくるので、こちらの写真と比較してみて下さい。見て頂くと分かりますが、雰囲気全然違います。コットンなんで洗うと大分その表情が変わります。まあ、今のしわくちゃもいいんですが、未洗いの時も良かったなぁ~。

POST

チンストラップがいい感じです。
ただ、台襟はフニャフニャしててカタチが落ち着きません。洗濯で形が変わっちゃったか、僕のコイツだけキチンと左右対称に縫われてないのか分かりませんが、右と左の襟のカタチが違うんです。ま、MADE IN USAだからご愛嬌としましょかね。
洗濯は、多分、10回くらいはしてると思います。乾燥機にかけなければ、そんなに顕著な縮みはでないと思います。

POST

右胸の小ポケット。うーん、タバコは入れられるけどボタンが閉まらないです。微妙なサイズです。本来、何を入れる想定なんでしょうかね?

POST

左胸のポケット。二重ポケットになってます。表側はなんだろコレ、多分ペンとかを入れる用途のポケットなのかな~、裏側のポケットは普通の大きめのポケットとなっています。

POST

左胸のポケットのフラップを開けるとこんな感じです。

POST

右下のポケット。ポケットを縫い付けている縫製周りが縮んですごいウネリが出来てます。
あと、生地を2枚重ねて縫っているので、こういうクシャっと感が出ます。2枚重ねてるんで商品名「CRUZER5-W (ダブル)」らしいです。

POST

左下のポケット。

POST

POST

うーん、このボタン格好いいな~。

POST

POST

POST

POST

POST

この水色のステッチがいい感じです。

POST

ラベルはこんな素朴な感じで縫われてます。なんかカワイイです。

POST

2枚仕立てになってます。

POST

めくるとこんな感じです。変わった構造になってますね。

PIMA COTTON POPLINというコットン素材を使ってるので、コットン素材で作られた洋服によくあるような洗った後のザラつく感じは全くないです。すごく柔らかーいジャケットです。着心地もいいです。薄めのコットンの2枚仕立てなんでそんな暖かくはないです。でも、Tシャツの上にそのまま羽織るのもよし、シャツの上もよしで、使い勝手がいいジャケットです。

今日はINDIVIDUALIZED SHIRTの白いボタンダウンとリジッドの501に合わせて着てました。バイク乗る時はその上にバブア・インターナショナルジャケットを着ました。以外とインターナショナルジャケットの黒とカーキが合ってました。
このジャケット、柄物の短パンとかに合わせてもカッコよさそうですね。

「このジャンパーどう?カッコいいいでしょ?」と訊いた周りからの返事は「なんか作業服みたい」でした。本当ガクっですよね。ま、いいっすけどね。

POST O'ALLS / ENGINEERS' JACKET / 水色

POST O'ALLS / ENGINEERS' JACKET / 水色

お疲れ様です!
3連休もレンタルDVDで映画観て、長瀞ってとこでSL乗ってライン下りして終わっちゃいました。
これから遅い昼ごはん食べて、その後、プール行って3連休の最後を満喫してきます。

この前ポストのエンジニアについて書いたブログで、エンジニアジャケットは3つ持ってて云々・・書きましたが、そーいえば、もう1着ありました。

水色のエンジニアジャケットです。正式な商品名は分かんないです。
吉祥寺のライトバルブで買いました。勢いで買った感がありますが、なんだかんだ着てます。

POST

シワっシワですね。洗濯して太陽で干すとこんな感じになります。シュっと着たい方はアイロンかけなきゃダメですね。洗濯は何回くらいしたかな~?多分、10回以上してると思います。サイズ的にはMサイズでいい感じなので、乾燥機にはかけてません。

POST

色は、よくある薄めの水色のボタンダウンシャツと同じくらいの色です。ボタンも白系が使われていて爽やかな感じです。表側にはロゴのラベルが付いてません。

POST

糸で縫われたところが縮んでいい感じのウネリが出ています。

POST


POST

POST

POST

POST

POST

POST

POST

POST

シャツっぽい感じの生地で明るい色なんで、出番は春・夏ですね。涼しくなり始めた夏の夕方以降に、短パンに合わせて着たりしてます。そういう着方が個人的には一番好きです。このジャケット、薄手で涼しげに見えますが、まあまあしっかりした生地が使われてるし2枚仕立てなんで、夏の日中(日本)は暑くてムリです。

シャツよりもこういうの羽織ると少しシャキッとした感じになるじゃないですか?だから夏なんか、Tシャツ、短パンで出勤して、ご来客の時だけこのジャケット着たりしてます。以外と便利なジャケットです。

POST O'ALLS / ENGINEERS' JACKET / CONE MILLS 5 OZ DENIM・INDIGO

POST O'ALLS / ENGINEERS' JACKET
CONE MILLS 5 OZ DENIM・INDIGO


ポストオーバーオールズのエンジニアジャケットです。
先日ご紹介した「グレー」、「ブルーデニム」に続いて3つめのエンジニアジャケットです。吉祥寺のライトバルブで購入しました。

POST

こちらのジャケット、コーンミルズの5オンスデニムを使ってます。「コーンミルズ」という名前に弱いんですよね~。リーバイス好きは皆んなそうだと思いますが。洗う前は、濃いブルーで艶がある小奇麗なジャケットだったのですが、洗ったら色も落ちてヨレヨレになっちゃいました。
個人的には洗う前の方が好きでした。

たまーに街で、(全然違うんですけど)こういうデニムジャケット着てるご年配の方、見かけますよね?お洒落オヤジじゃなくて普通のおじさん/おじいさん。

POST

「5オンス」と言ってもどんな生地か想像がつかない方もいるかと思いますが、ジーンズが13オンスくらいなので、ジーンズの1/3近くの重さです。ですので、この5オンスのエンジニアジャケットはカバーオールとしては、すごい薄いです。どこかに引っ掻けちゃったら破れそうなくらい薄いです。

POST

不思議な生地です。なんて説明したらいいんだろうな~。
「フニャフニャ」という言葉が一番しっくりきます。
シャンブレーとか薄手のデニムシャツみたいなパリっと感は全くなく、フニャフニャなんです。普通、デニムって、洗って乾かした後はパリッとしますよね?でも、このエンジニアジャケットは洗った後もフニャフニャなんです。着る前からフニャフニャ。

POST

POST

POST

POST

POST

縫い目の縮みが作る「ウネリ」がいい感じです。

POST

POST

袖口もドーナツボタンが2つついてカッコいいですね。
ポストのエンジニアジャケットは袖が長いです。特にこのエンジニアジャケットの袖は長いです。手が長い僕でも余っちゃうんで折り返してます。なんでだろ?手足が僕らより長いヨーロッパン人にも着れるように長めなのかな?短すぎてツンツルテンなのも嫌ですが、長くて折らなきゃならないのも好きじゃないです。袖の長さは出来るだけピッタリくるのが理想です。ここ結構大事なポイントです。

POST

袖を裏返すとこんな感じの見え方です。チェーンステッチ、ドーナツボタン裏、いいですね。

POST

下のポケット口はこんな感じ。

POST

薄手の生地を使ってますが、内側に内ポケットが付いてます。でも、エンジニアジャケットの内ポケットって使ったことないんですよね。

POST

このジャケットすごく軽いんで、今の時期、カバンに入れとくと、急に冷え込んだ時とか大変重宝します。春秋メインのジャケットですね。僕は夏の終わり涼しくなってきた頃に、短パンに合わせて着てます。

POST

お店で試着した時は「未洗い」だったせいか、もっとシュッとしてサイズ感も良かったのですが。。。(ちなみにコレはサイズMです)。洗ったらダボって感じになっちゃいました。MじゃなくてSでもよかったかな~。自分が持ってる他3着のエンジニアジャケットは全部Mで、コレもMなんで、OKな筈なんですけどね。

多分ゆるく感じるのは、僕が持ってる他3着よりも少々ゆったりめで作られているか、生地が柔らかいからそう感じさせるのかもしれません。

今でも同じモノが売られてるかどうか分かりませんが、もしこれから購入する方がいたら、サイズには十分注意した方がいいと思います。もちろん、ぴったり過ぎるのはダメですが、ジャスト目がいいんじゃないですかね。

そんなこんなで、ダボついたジャケットを箪笥の肥やしにするわけにはいかないので、家で水洗いした後、近所のコインランドリーで乾燥かけました。1回目である程度縮んだんですが、もうちょい縮めたいなってことで、再度、洗濯/乾燥しました。結果、以前のダボつきは大分弱まりました。もうちょっと縮んでもいいくらいですが、さすがにも一回乾燥機かけても縮まないだろうな~。

このジャケットは短パンかリーバイス501のホワイトとかピケ、あとはコッパンとかに合わせて着てます。上下ブルー系のデニムはダメですね。スゴいお洒落さんならいけるでしょうけど。僕は無理です。
十代の頃はリーバイスの「ファースト」や「セカンド」に、下も「ダブルX」だ、「66」だ「Sタイプ」だなんて喜んで着てたんですけどね。そーゆーこと出来る若さとスタイルだったんでしょうね。

またまたオジサンが、昔ばなしに花咲かしちゃいましたが。すんません。
このジャケット、ていうかコーンミルズ5オンスデニムですが、厚めのゴワついたデニムが好きな方には全然物足りないと思います。ですが、サイズ・生地・雰囲気ともにユルーイ感じが好きな方には、ぴったりなジャケットです。

ガンガン着てうすーい色になったらカッコよくなるのかな?

POST O'ALLS / ENGINEERS' JACKET / JAPANESE GREY COVERT

POST O'ALLS / ENGINEERS' JACKET
JAPANESE GREY COVERT


おはようございます。毎日諸々ありますが、今日も頑張りますか!天気もいいし、パーッと行きましょう!

前回の記事に続き、ポストオーバーオールズのエンジニアジャケットです。
タイプは「グレー・カバート」。COVERT(カバート)はあや織りの綿という意味らしいです。

POST

上野のSUN HOUSEに立ち寄った際、変わった生地で「グレー」という色に惹かれて購入しました。
ひとつ前の記事で紹介したポストのエンジニア(ブルーデニム)より薄い生地なんで、着心地もいいです。

POST

気に入って買ったくせに、買った当初はなんだかラグランが似合わないなーって思ったり、ブルージーンズに合わないなーってことであんまり着てなかったのですが、いつの間にか、この色とカタチに慣れたのか結構着るようになりました。

POST

なので洗濯はもう数えきれないくらいしてます。
色落ちするものはあんまり洗濯したくないんですが、こーゆー色落ち関係ないものはジャンジャン洗います。確か買ったとき既に洗いがかけてあったと思いますが、洗濯しまくっても雰囲気はあんま変わらないです。生地はちょっと柔らかくなってきてると思います。

POST

変形のポケット。

POST

POST

POST

ポケット大きいんで、手を突っ込むもヨシ、コンパクトデジカメとかサングラス入れるもヨシ、便利です。

POST

ドーナツボタン、いい感じですね。こういうとこ結構好きです。

POST

ボタン裏のコイツの色も好きです。

POST

ジャケット裏側です。ステッチの色が効いてますね。ずっと気になってましたが、ジャケットしわくちゃですね。洗ってパキってなってるとこ撮ればよかったです。ま、着るとこうなるよってリアルをお見せするってことで。

POST

内ポケットです。使ったことないです。なんか試しに入れてみたりはするんですけどね。

POST

このステッチで使われてる色の糸、好きです。ちょっとしたところに拘ってますね。

POST

ポスト着てる方はお分かりだと思います。この比較写真。

POST

サイズはMですがけっこう細身です。

POST

ポストのエンジニアジャケットはコレと、アレとアレと3着持ってますが、コレが一番着用率高いです。最近、シャンブレーくらい薄い色はいいんだけど、デニム生地のシャツやジャケットを着たい気分じゃないんですよね。基本、毎日ジーンズなんで、上下デニムになっちゃうのが嫌なんですよ。その点、コイツはグレーなんでバッチリです。リジッドから薄い色味のブルージーンズまでなんでも合います。中もTシャツからシャツ、ちょい寒い時はセントジェームスとかもいい感じです。

ホント薄手で着やすくて、軽くてストレス感じず、ちょい細身でダボつかないし、着れば着るほど柔らかくなりと、イイとこ言ったらキリが無いですが、いいジャケットです。

POST O'ALLS / ENGINEERS' JACKET / ブルーデニム

POST O'ALLS / ENGINEERS' JACKET / ブルーデニム

ポストオーバーオールズの定番カバーオール、「エンジニアジャケット」です。

上野をブラブラしてて危険だなと思いつつもSUN HOUSEに立ち寄ってしまい、お店の方がカッコよく着こなしてるのを見て見事にやられて買ってしまいました。CONE MILLS 5.O.Z. のエンジニアを持ってるんですが、それが洗ったら予想外にペラペラな感じで、厚めの生地も欲しいなって思ってたとこだったので。。。

POST

まだそんな着こんでないですが、10回位は洗ってると思います。

POST

チンストラップがいいですね。チンストラップ結構好きです。

POST

ラグラン袖です。スタジャンのラグランはどーもねって感じですが、カバーオールだったらOKですね。あとステッチはこんな感じで白です。

POST

POST

変形の胸ポケット、特徴的ですね。

POST

ドーナツボタン、これもヴィンテージ感を醸し出しています。

POST

胸ポケット裏、こんな感じの白い色と水色の糸を使った縫製となってます。いいですね。こういうとこに惹かれます。

POST

POST

右胸には内ポケットが付いています。あんま使ったことはないですが。

POST

ドーナッツボタンの裏はこんな感じ。この色合いがいいですね。

POST

実は胸ポケットにロゴラベルが付いてたんですが、ポストのエンジニア着てるひと多いしってことで、こんなとこに付け替えてます。

POST

POST

POST

こんな感じでヴィンテージのカバーオールジャケットのディテールをいい感じに再現しています。さすがポスト!いい感じです。

高校のときに来てたOSHKOSH以来、久しぶりのカバーオールジャケットです。高校のときはなぜかOSHKOSHのカバーオールをジーンズの中に入れて着たりしてました。なんでそんなことしてたんろ?って感じですが。あ~、渋谷バックドロップで買ったOSHKOSH。。。大事にとっとけばよかったのにな~。OSHKOSHの話しはおいといてですね。

どうも僕がなでかたのせいか、ラグラン袖が似合わない気がするんで、そんなに出番は多くないです。あと、いつもジーンズ穿き込んでいるんで、上下デニムはヤバいからあんま着る機会がないんですよね。いつも着る時はコロナのコッパンに合わせて着てます。コロナのコッパンいいです。

着心地はというと、なんでだろう、正直あんまり気に入ってないです。でも、もっとガンガン着て生地が柔らかくなったらいい感じになるんですかね。ま、カッコいいんで全然OKってことで。

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。